すまいる法律事務所。交通事故でけがをされた方、すまいる法律事務所にご相談ください。

ホーム > ホーム > 解決事例

Cases
解決事例

けがの軽重にかかわりなく、お気軽にご相談ください

このページでは、当事務所で解決した事例の一部をご紹介しています。
「このくらいの症状でも、こんなに賠償金がもらえるの!」と感じていただけるかもしれません。
「首や腰がまだ少し痛むだけ」といった方も、お気軽にご相談下さい。

頚部捻挫・腰部捻挫(後遺障害等級:非該当)の主婦(50代)に約120万円の賠償金

頚部捻挫・腰部捻挫(後遺障害等級:非該当)
主婦・50代
事故後、治療継続中にご相談いただきました。
「症状固定の時期については、保険会社が決めるものではなく、主治医の先生が患者さんの状態を診ながら決めるもの」であることをご説明し、症状固定まできちんと病院に通っていただきました。
その後、自賠責保険に直接請求を行い、後遺障害等級は非該当となりましたが、自賠責保険から約50万円の支払を受けることができました。
その後、残りの損害について、任意保険会社と交渉し別途120万円の賠償金を受け取ることができました。
この方の場合、後遺障害等級は非該当でしたので、後遺障害慰謝料や逸失利益は認められませんでしたが、主婦としての休業損害や、症状固定まできちんと病院に通ったことによる通院慰謝料として別途120万円の賠償金が認められたものです。

解決事例 頚部捻挫・腰部捻挫(後遺障害等級:非該当)

頚椎捻挫(いわゆるムチウチ)で、治療費を途中で打ち切られた事例

頚椎捻挫(後遺障害等級:14級)
契約社員・50代
事故後、治療継続中にご相談いただきました。事故後、約4ヶ月で保険会社が治療費の支払を打ち切りました。
主治医と面談したところ症状固定までもう少しかかるとのことでした。その後、4ヶ月間、依頼者が健康保険を利用して3割負担で支払い、治療を継続しました。症状固定後、自賠責保険の直接請求を行い、後遺障害等級14級が認定され、自賠責から約153万円の保険金が支払われました。その後、残りの損害について任意保険会社と交渉を行い、最終的に約187万円を保険会社が支払うことで和解が成立しました。
保険会社に言われるがままに事故後4ヶ月で治療を打ち切っていれば、後遺障害等級が認定されず、後遺障害慰謝料などが得られなかった可能性が大きい事案であると考えています。

解決事例 頚椎捻挫(後遺障害等級:14級)

右脛骨高原骨折(後遺障害等級:12級)の給与所得者(30代)に約1464万円の賠償金

右脛骨高原骨折(後遺障害等級:12級)
給与所得者・30代
後遺障害等級認定後、保険会社と示談をする前にご相談いただきました。
ご相談のきっかけは「保険会社の提示金額が妥当か否か」「すまいる法律事務所の宣伝をラジオで聞いた」ということでした。
資料をもとに、当事務所で裁判基準に従って損害を算出し、保険会社と交渉した結果、最終的に1464万円を支払うことで和解が成立しました。

解決事例 右脛骨高原骨折(後遺障害等級:12級)

外傷性頚部症候群(後遺障害等級:11級)の会社経営者(40代)に約1050万円の賠償金

外傷性頚部症候群(後遺障害等級:11級)
会社経営者・40代
事故後、治療継続中にご相談いただきました。
ご相談のきっかけは「任意保険会社の担当者の対応に不満がある」「すまいる法律事務所の宣伝をラジオで聞いた」ということでした。
治療継続中のご相談でしたので、症状固定まできちんと病院に通っていただきました。
その後、自賠責保険に直接請求を行い、後遺障害等級11級が認定され、自賠責保険から約300万円の支払を受けることができました。
その後、残りの損害について、任意保険会社から別途約190万円を支払うとの提案がありましたが、けがの程度などからは十分な賠償金とはいえませんでした。そこで、訴訟を提起し、各種損害の額を争った結果、最終的に別途1050万円の賠償金を支払うとの内容で和解が成立しました。

解決事例 外傷性頚部症候群(後遺障害等級:11級)

より高い後遺障害等級が認められ、約1040万円の賠償金

関節唇損傷・腱板断裂(後遺障害等級:14級→12級)
会社員・30代
事故後、治療継続中にご相談いただきました。
ご相談のきっかけは「任意保険会社の担当者の対応に不満がある」「すまいる法律事務所の宣伝をラジオで聞いた」ということでした。
治療継続中のご相談でしたので、症状固定まできちんと病院に通っていただきました。
その後、自賠責保険に直接請求を行い、後遺障害等級14級が認定され、自賠責保険から約190万円の支払を受けることができました。
その後、後遺障害等級を争うため、主治医に鑑定書を作成いただき、訴訟を提起。後遺障害等級及び各種損害の額を争った結果、最終的に、後遺障害等級12級を前提とした別途1040万円の賠償金を支払うとの内容で和解が成立しました。

解決事例 関節唇損傷・腱板断裂(後遺障害等級:12級)
メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ