すまいる法律事務所。交通事故でけがをされた方、すまいる法律事務所にご相談ください。

ホーム > ホーム > 過失割合に不満がある

Reason
過失割合に不満がある

保険会社の主張する過失割合に納得がいかない場合

保険会社の主張する過失割合に納得がいかない。そんな不満をお持ちではないでしょうか。
過失割合は、事故状況によって異なります。
過失割合がどのようにして決まるのか。
このページでは過失割合がどのようにして決まるのかについて解説しています。

まず事故状況を確認し、過失割合の認定基準に関する資料に照らし合わせて判断する。

回収できる損害金が大幅に増える可能性があります。

 過失割合については、古くから裁判所において基準化が図られています。そのような基準を公表した資料として「別冊判例タイムズ38「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(東京地裁民事交通訴訟研究会編)」という資料があります。

 この資料では、事故状況に応じて過失割合が定められており、例えば、「四輪車同士の事故」で「交差点における直進車同士の出会い頭事故」で「信号機により交通整理の行われている交差点における事故」で「黄信号車と赤信号車との事故」の場合、基本となる過失割合は「黄信号車」が20%、「赤信号車」が80%といった具合に過失割合が決められています。さらに、修正要素についても定められており、例えば、黄信号車による「赤信号直前の進入」、すなわち、黄信号車が交差点に進入した直後に信号が赤信号に変わった場合には、黄信号車に10%の加算修正が行われ30%になるといった基準が設けられています。ですので、まずは事故状況を確認し、事故が資料のどのケースにあたるのかを検討して、過失割合の判断をすることになります。

過失割合についての保険会社の主張は変わることがある。

過失割合についての保険会社の主張は変わることがある。

 過失割合についての保険会社の主張は変わることがあります。例えば、物損については10対0(被害者が0)でいいと言っていたのに、人身損害については9対1(被害者が1)の過失割合を主張したりすることがあります。さらに、以前は、8対2(被害者が2)と言っていたのに、示談に応じてくれるなら9対1(被害者が1)でもいいと一見妥協しているかのような主張をしたりもします。

 なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。それは、保険会社がトータルで損をしなければそれでいいという考えに基づいて行動してるからです。例えば、過失割合について、本来8対2が妥当な事案で、9対1でもいいと保険会社に言われたら、被害者としては「良心的な保険会社だから、示談しても大丈夫!」と思うかもしれません。しかし、保険会社が損をするような条件を提示するはずがありません。このような場合、実は、そもそもの損害額が少なく見積もられている可能性があります。

 例えば、通院慰謝料などの様々な損害が裁判基準ではなく、保険会社の内部基準で計算されていて、少なく見積もられている場合です。このような場合、弁護士が損害を裁判基準に従って計算し、その損害を主張すると「それなら、過失割合は本来の8対2で主張します」と言われます。そうすると、一見こちらに不利にも思えますが、必ずしもそうではありません。仮に8対2の過失割合を前提に計算をしても、裁判基準にしたがって損害額を算定した結果、損害額自体が多くなりますので、2割の過失分を減額されたとしても結果として請求できる額が多くなることが多いのです。
 要するに、保険会社としては最終的にいくら支払わなければならないかが重要であって、過失割合は交渉材料のひとつの要素に過ぎません。ですから、損害額自体を低く抑えた上で、過失割合について妥協するような態度を示すことがあるのです。

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ