すまいる法律事務所。大阪で弁護士をお探しなら、すまいる法律事務所にお任せください。

ホーム > 業務案内 > 遺言・相続科

Support
遺言・相続科

人は、年齢を重ねるにつれて身辺に変化があらわれるもの…。

そして老後やご自身の亡き後への悩みがとかく出てくるものです。

特に、最近よく耳にするようになった「おひとりさま」の方々にとっては、将来、認知症などになったときに、ご自分の財産をご自分の生活のために適切に活用するために、誰かに財産を管理してもらう必要が生じます。

また、核家族化が進む中で、離れて暮らす親が、いつの間にか悪徳業者にだまされて多額の出費をしてしまうなどということもあったりします。

老後の財産管理は、多くの方にとって、他人事ではない問題になりつつあるのです。

相続について

ご家族がお亡くなりになられた後、故人の財産のうち「何」を「誰」が「どれくらい(割合)」相続するのかというのは非常に難しい問題です。このうち「誰」が「どれくらい(割合)」相続するのかという問題は法律によって原則が定められていますが、具体的に「何」を相続するのかということや「いくら(具体的金額など)」相続するのかということは相続人全員で話し合って決めるか、遺産分割調停という家庭裁判所の関与の下で決めるかということになるのが通常です。


そして、どちらの方法で決めるにしても、相続人全員の合意が必要となるので、法律に基づいて原則どおりに決めると、「誰」が相続人となり、遺産のうち誰が「どれくらい(割合)」相続するのか、ということを前提に検討するのが通常であり、これらを決定するには法律の条文を読んでも分からない様々な問題点が関連してきます。たとえば、遺言があるとしてその遺言は有効なものなのか、相続人は誰なのか、遺産の範囲はどこまでか、寄与分や特別受益といった法定相続分を増減させるものはあるのか、などです。


相続の問題は、簡単に言ってしまえば、どの財産について誰がどのくらいの額を受け取るのかということに尽きるのですが、これを決定するまでの間に上記のような様々な法律問題が存在するため、相続人間で話し合ってもすぐに決まらないのであれば、相続に詳しい弁護士に早く相談される方が早期に解決することが出来るでしょう。

遺言について

遺言について

ご自身の亡き後、基本的には法律の定めに従い一定の相続人(法定相続人)が、法定の割合(法定相続分)でその財産を相続します。
そのため、たとえば「(ご自身には)妻と長男と次男がいるが、自らの事業を継いでくれる長男に兄弟を揉めさせることなく、より多くの遺産を相続させたい」と思っていても、これらの相続人は法定相続分の割合で財産を相続することになり、ご長男に“より多くの財産”を相続させることは出来ません。

そこで、法定相続人に法定相続分とは異なる割合で遺産を承継させるためには遺言を作成しておく必要があります。また、法定相続人以外の方に遺産を承継させたい場合にも遺言を作成しておく必要があります。
遺言で定められる事柄は、上記以外にも様々ですが、遺言は遺言を作成したご自身(遺言者)の意思を残された方々に伝え、その意思を尊重しつつ、その内容を実現してもらうための文書です。

遺言者の意思のすべてがそのとおりになるとは限りません。しかし、遺言は、そこで遺言者の意思を明確にすることで、ご自身の亡き後、その財産をご自分の思うように処分したり、相続人等残された方々の無用な財産争いなどを防止するためには有用な方法と言えます。

老後の財産管理について

今は元気に暮らしていても、もし寝たきりや認知症になってしまったら、預貯金や不動産といった財産をどのように管理していけばいいのだろう?

こんな場合、任意後見制度を活用することで、ご自身が元気なうちに、「誰に」、「何をして欲しい」かの全てを自分自身で決めておくことが出来ます。

任意後見とは、ご本人がお元気なうちに、「ご本人のためにして欲しいこと」を具体的に定めた任意後見契約を保護者になって欲しいと思う相手(任意後見人)と結び、ご本人の判断能力が低下した際に任意後見人が任意後見契約に従って、ご本人の財産管理などを行う制度です。

この頃、離れて一人で暮らす親が、怪しい訪問販売業者に不要なものを購入させられているようなので、なんとか対処出来ないだろうか?

こんな場合、法定後見制度を活用することで、成年後見人等の保護者を選任し、この保護者が判断能力の低下した親御さんが行った訪問販売業者からの不要物の購入を原則として取消すことが出来ます。

遺言・相続科 専任弁護士 伊村 亮輔 IMURA RYOSUKE

弁護士 伊村 亮輔

学歴

同志社大学法学部 卒業
神戸大学法科大学院 卒業(法務博士(専門職))

主な取扱分野

相続

ご挨拶

弁護士は“カタい”イメージで、難しい話ばかりするというイメージがあるかもしれません。でも、実際にはそんなことはありません。
特にすまいる法律事務所では、「モップ」(このページの一番下参照)もお客様をお待ちしているなど、他の法律事務所よりもより親しみを持っていただきやすい事務所だと考えています。
ご依頼いただいた仕事をできるだけ丁寧かつ素早く進めていくのはもちろんですが、法律に関する相談以外のお話もして、お互いのキャラクターを知ってこそ信頼関係もできると思います。なので、法律事務所だからと難しく考えずに、雑談をするくらいの軽いお気持ちで事務所にお越しください。いつでもお待ちしております。
 

所属

日本弁護士連合会
大阪弁護士会

メールでのお問い合わせ
このページの先頭へ